MENU

所蔵作品案内

Collection

題名「夾竹桃紋花瓶」

エミール・ガレ

生没年1846-1904 フランス生まれ。

ドイツ、ヴァイマールに留学し、詩、文学、哲学、植物学、鉱物学、建築学、装飾美術をおさめ、高い教養が裏付けとなって、ガラス芸術に投じた信念と自信ははかり知れないものであった。 当時の美術界をゆるがしたジャポニズムの先導者、また象徴主義の原動力として、19世紀末フランスの代表的芸術家として、その名をとどめている。 残された作品の芸術性の高さは比類なきものと、今日また世界的に再評価されている。